Monthly Archives

2005年10月の記事

スポンサーサイト
...
--月--日 | スポンサー広告 | Trackback : -
週末の名画座 2005/10/29~
 「情報の内容は各情報誌や名画座の公式サイトで確認」のうえ、すべての名画座を網羅しているわけではないので、生活・娯楽の行動範囲が近い人は参考にしてください。○三軒茶屋シネマ: 「コーラス」2週目 「ラヴェンダーの咲く庭で」2週目○三軒茶屋中央劇場: 「やさしくキスをして」 「恋に落ちる確率」○目黒シネマ: 「ミリオンダラー・ベイビー」2週目 「ダニー・ザ・ドッグ」2週目○下高井戸シネマ: 「ライトニング・イ......
10月27日 | 週末の名画座 | Trackback : 0 
映画を見に行くときは・・・気を付けて
 皆さんは映画を観に行くときには、時間を確かめて行きますか?自分は結構行き当たりで成行きまかせです。何を見るかは決めて出かけるので最終的には映画は見ますがそこまでは、買い物を楽しんだり散歩したりしながら映画館へ向かいます。今週は、下高井戸で「タカダワタル的」を見に行ったんですが作品の詳細はいつか書こうと思いますが、実は衝撃的なことに「愛用の初代iPod」を落として壊してしまいました。モーニングショーだ......
10月24日 | コメンタリー | Trackback : 0 
週末の名画座 2005/10/22~ (新企画)
 今週から新企画を始めてみたいと思う。題して「週末の名画座(仮)」で今週末からの名画座の上映情報を自分の頭の中の整理がてら、その際に収集した情報を当サイトの訪問者に自由に見てもらおうと思ってるだけで、その中からおすすめの映画を紹介できたらいいかなぁ。封切りの映画は、情報誌のトップページや配給元のサイトで公開・更新してるので分かりやすいが、名画座は各サイトを順次巡回しなければならないので結構面倒だ。 ......
10月19日 | 週末の名画座 | Trackback : 0 
「オペラ座の怪人」
オペラ座でプリマドンナが事故に巻き込まれ役を降板し、新人のバレエダンサーのクリスティーヌが大役を得て舞台を成功に導く。その姿をじっと見つめる仮面の男が、幼なじみの男性ラウルと再会して喜ぶ彼女を地下深く連れ去る。日本でも劇団四季によるミュージカルで大ヒットさせたので知っている人も多いと思う。ミュージカル映画は苦手な方で映像美と掘り下げて描かれているストーリーが全体にわかり易いので同様に苦手な人も楽し......
10月18日 | レビュー | Trackback : 0 
「ナショナル・トレジャー」
 すばやいシーン展開・宝探し・謎解きといった言葉で表現してしまいがちで、普通は見るのをちょっとためらってしまいそうだ。そんな悪い予感を吹き飛ばしたのは、話の流れのすばやさと難しすぎない大味な謎解き、そしてニコラス・ケイジをはじめとするベテラン俳優の派手なアクションであった。一般的なアクション映画では、個人的に「薄っぺらい内容とバランスの悪さ」であまり好んでは見ないが、「ナショナル・トレジャー」は単......
10月16日 | レビュー | Trackback : 0 
お知らせ:Gmail招待状はいりませんか?
 トラバやコメントに残さなくても感想が書けるようにメールフォームを追加しました。サイドバーに「感想入力フォーム」の名目でリンクを作りました。ハンドルネームと簡単なアンケートを入力するだけです。(アンケートは、無視できるようにそのような項目を選択可能です) ブログ開設&フォーム設置の記念で、今なら感想・意見を送ってくれた人に「Gmail(グーグルの無料メールサービス)」の招待状をプレゼント中です。必要な......
10月14日 | お知らせ | Trackback : 0 
「イン・ザ・プール」
 松尾スズキ演じる怪しい風貌の医者、彼は、美人看護婦がいる総合病院の流行らない精神科で働く跡取り息子。彼の周りにやってくる心の病を持つ変わった患者たち。彼らの行動と診察風景を面白おかしく表現した三木聡監督のコメディー映画である。話の内容はあえて語らないほうが良いと思う。 脇を固める俳優陣には田辺誠一・市川美和子・オダギリジョーらで各々の意外性をつく芝居とスピード感があるシーン割りで、もっと続きが観......
10月13日 | レビュー | Trackback : 0 
「キングダム・オブ・ヘブン」
 未だに争いがたえず平和が訪れない「聖地エルサレム」。何世紀にもわたり互いの信仰を認めず我等の聖地こそエルサレムという主張を繰り返してきた。その発端となる十字軍遠征の時代映画、簡単な宗教の争いものではないが現代において未だ争っている人類が本当に考えなくてはいけない問題。 歴史的背景はこんな感じだが、映画自体は剣士の親子関係・国王と剣士の忠誠・剣士のロマンスと言った感じでカジュアルに見ても面白いと思......
10月12日 | レビュー | Trackback : 4 
映画を選ぶときはこんな感じで・・・
 基本的には上映中ので終了が近いものから選んで見ているが、長期上映ものが暇なときと重なって上映スケジュールに余裕ができる場合がある。俳優や監督でリンクさせてみたりDVDも含めて続けて見たりすると新発見があったり共通点を見つけたりして別な楽しみ方ができる。こんなこともブログにしてみたかったので、あえて別のブログを作ってみた。人でつながるシネマライフ ~選択編・鑑賞編~こちらも、気に入ったら見てください。......
10月11日 | コメンタリー | Trackback : 0 
「モーターサイクル・ダイアリーズ」
 若かりし伝説の革命家チェ・ゲバラと年上で無鉄砲だが憎めないアルベルトとの旅物語。平たく言うとドキュメンタリーと冒険映画の中間だけど話の内容は平たくなく、医学生エルネストが革命家チェ・ゲバラとなるほんの少し前までの彼の理念の推移を映画というメディアで訴える作品。彼の伝記の日本語訳などを読んだことがあるがそれ以前の話で、映画ならではの脚色がなされ非常に観やすくなっているが今の民族問題・人権問題に通じ......
10月10日 | レビュー | Trackback : 0 
よくいく映画館 Vol. 2
 もう少し投稿してから見てくれる人がいいなぁと思ってたら、早速トラックバックしてくれた人がいて、天気が悪いにもかかわらず良い休日の締めくくりができ気分が良いです。 よくいく映画館ということで前回は東京都の南西部でしたが、今回は東京の中心部~東部について書こうと思う。・早稲田松竹ここは作品のサイクルが早くて毎週でも楽しめる。駅からは出口によっては、ほんの少し離れているが一本道でわかりやすい。割引がな......
10月10日 | シアター | Trackback : 0 
「トップガン デジタル・リマスター版」
 トップガンは、もうかなり前の映画だが2005年の夏にデジタル・リマスター版となってシネコン中心で上映してた。ストーリーは、若い人は知らないだろうけど30代以上の人は良く知っているのではないでしょうか。 なんで今更トップガンなのかというとアビエイターを見て子供のころ大好きだったプラモデルのことを思い出し、飛行機つながりで書いてみた。アビエイターがレシプロからジェット機への過渡期で、トップガンは成熟したジ......
10月10日 | レビュー | Trackback : 0 
「アビエイター」
ハワードヒューズ:成功への軌跡 ハワードヒューズは、大富豪で映画制作者で飛行家。TWA・コンステレーション・コンベア880・地獄の天使・暗黒街の顔役などでググるとよくわかると思う。 そんなハワードヒューズの歴史みたいな映画「アビエイター」を観たのを思い出した。ストーリーはハワードヒューズの半生でアメリカの航空業界の歴史そのもの。大富豪ゆえの孤独さや天才ならではの奇知外さがそれぞれ対を成してうまく脚色され......
10月09日 | レビュー | Trackback : 0 
「スウィングガールズ」
 本宮監督の「サマータイムマシンブルース」を観ようと思って、上野樹里つながりで「スウィングガールズ」を観たことを思い出した。2・3ヶ月前に三軒茶屋シネマで「ローレライ」と一緒に観た。 ストーリーは、補習をサボる口実でジャズバンドを組んだ女子高生たちが、最初はいやいやながらも次第にジャズの魅力にはまっていき、最後には演奏会でオールスタンディングの絶賛を得るというあえて言うなら青春ドタバタコメディだ。音......
10月09日 | レビュー | Trackback : 1 
最近見た映画@名画座
 「よくいく映画館 Vol. 2」を投稿しようと思ったけど、ブログのコンセプトを明確にしようと思い最近見て記憶に残っている映画について・・・。「亀は意外と速く泳ぐ」「キングダムオブヘブン」「モーターサイクル・ダイアリーズ」「オペラ座の怪人」「ミリオンダラーベイビー」「シャル・ウィ・ダンス?」「スウィングガールズ」その他、今はタイトル思い出せないもの多数。 レビューは、じっくり考えて書きたいので時間がかか......
10月09日 | コメンタリー | Trackback : 1 
よくいく映画館 Vol. 1
よくいくというかお気に入りの名画座・三軒茶屋シネマ&三軒茶屋中央劇場すごく近所でよく行く。2件とも割り引きありでお得感があってプログラムのセレクトのコンセプトが異なるので、時間が許せばほぼ一日中違う映画を観られる。建物が古く座席が固いのとサウンド(サラウンドではない)が最新式でないところが気にならないならば・・・。・目黒シネマ館内のいたるところで手作り感が感じるが、いやみがなく暖かさを感じる。座席......
10月09日 | シアター | Trackback : 0 
名画座にいこう!
名画座:封切館やシネコンでもない町の映画館。普通は、少し時間が経った映画を二本立てやシリーズものなんかをセレクトして上映しているところ。 映画館でよく映画を見ているが封切りは1割くらいしか見てない。時間の都合で見られなかったりあまり興味をそそるプロモーションをしていなかったりで、面白かった映画との出会いはほとんど名画座で・・・。そんな自分が観た映画を記録しようとブログをはじめてみた。 2本ずつ見てい......
10月09日 | コメンタリー | Trackback : 0 
Navigation

名画座deシネマライフ ~名画座にいこう~ Home | Page Top▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。